11月:テーブルコーディネートと新しい出会い

2021年まであと2ヶ月となりました。朝晩もぐっと冷え込み、秋も深く、冬の到来も感じられるほどです。秋のお菓子や新米も美味しく、まさに食欲の秋を満喫しています。

撮影のお仕事ではすっかり、クリスマスや年末年始のシーンのコーディネートをしています。今年は新型コロナウィルスの影響もあり、家族や仲の良い友人たちと静かにお家パーティを楽しまれる方も多いのではないでしょうか。特別なイベントごとがない日でも、いつもと違ったコーディネートをすることで、お家ごはんがもっと楽しくなります。

コーディネートのテーマを決め、テーブルに敷くクロスや器、お料理を演出すると、よりプロっぽくなります。例えば、カジュアルなテーマにするなら、クロスは明るい色に。器は少し厚みがあるもの。お料理はカフェ風なカジュアル感を。

エレガントなテーマにするなら、クロスは落ち着いた色目、花をあしらっても良いですね。器は柔らかいフォルムに。      お料理はいつもと少し食材を変えてアレンジすると、ワインにも合います。

その他、様々なテーマに合わせたコーディネートの仕方がありますので、気になる方はフードオーディネータープロ養成講座(アルティザン講座)にお問い合わせください。合わせて講座レポート記事もご覧ください。

ところで、フードオフィスタブリエでは、新しいスタッフたちをお迎えしました。撮影や商品開発等のお仕事に携わりながら、共に成長していけることを嬉しく感じます。新しいスタッフたちが成長し、タブリエのフードコーディネーターとしてご紹介できるようになりましたら、またホームページでもご紹介させていただきます。

Recommend Blog

人気の記事