器を選ぶ工夫

スーパーに買い物を行くと、今が旬の牡蠣と目が合い、寺澤家では最近週一ペースで食べています。いつもは夕飯は和食が多いのですが、旦那さんのリクエストもありパスタにしました。

今日の献立を考えた時、牡蠣のペペロンチーノとサラダとスープと・・・明日の朝ごはんの事も考えてスープじゃなくてお味噌汁を作っておきたいけど、パスタとお味噌汁合わないな~と少し迷いました。

そこで、いつも使っているお味噌汁の器を変えて、牡蠣のペペロンチーノとマッチするように工夫してみました。

器の効果で、牡蠣のべベロンチーノとお味噌汁がマッチしていて美味しいなと感じることができました。人が美味しいを感じられるのは視覚が80%占めているといわれるので、食事を楽しむうえで器の重要さを改めて感じました。

パスタのお皿もお味噌汁の器も趣味の陶芸で作ったものです。信楽焼の素朴であたたかい質感もより美味しく感じさせてくれます。

大切な人と食事を楽しめたらいいなぁ~という思いで作った、スープでも珈琲でも飲めるマグカップ。食事を終えて洗い物をしている時に、器の裏に彫った「you」と「me」の文字にほっこりしました。






Recommend Blog

人気の記事