ワインでパン飲み 製パン雅Ⅱ

こんにちは、タブリエリーダーの山本です。製パン雅さんⅠより少し時間が空いてしまいまいしたがアレンジのご紹介。

今回はシンプルに食パン。雅さんには2種類の食パンがありますが、トーストお勧めの湯種食パンをセレクト。個人的に、私はトーストした食パンが好き。単純な理由からです。

湯種なのでしっとりしてモチモチ感がスライスしていても伝わってきます。 

シンプルにトーストしただけでも、耳はバケットのようにカリッと。

でも中は歯切れよいもっちもち食感。

シンプルにパンだけでも美味しいので、アレンジもシンプルにオムレツをON!

アクセントに旬のグリンピースを茹でて混ぜました。卵には生クリームと少しだけ溶けるチーズを入れて、さっと加熱。少しゆるい?と思う位で十分。余熱で火は入っていきます。

 カリッとした食パンに半熟状態のオムレツを絡めて。

 完全に火を通すより、卵の甘さも感じますよ。

 

パンの甘味と濃厚な卵なので、合わせたワインも少し濃いめ。

カリフォルニアのシャルドネ(アナベラ シャルドネ ナパバレー)

太陽の日差しをしっかり浴びて、果実味豊でリッチ。アメリカのシャルドネは樽の香りが強いタイプも結構ありますが、このワインは控えめで何にでも合わせやすい。飲みごたえもあるのでオムレツとの相性も良い。卵サラダでもOKです。

他の食材をあわせても負けないポテンシャルを持った湯種食パンでした。

雅さんは、デニッシュ系、ハード系、ソフトなパンと色々ありますが、お客様が1つでも自分好みのパンを見つけてくれたらいいなぁという思いで揃えているそうです。今井さんは高校生の時に美味しいクロワッサンに感銘を受け、今でもクロワッサンがお好きだそうです。 奥様も素敵な笑顔の方でした。

店名:製パン雅

住所:名古屋市千種区日進通3丁目20

電話:052-753-3082

 

 

Recommend Blog

人気の記事