ワインでパン飲み お家でSAKURA

こんにちは タブリエの山本です。 みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回は、2週間前位になりますが、山本農園の八重桜が満開に咲いていたのを見て、そうだピンク!と思いたって作って飲んだ、お家パン飲みのご紹介です。ちょっと風が強く桜がなびいてますが、いつもお花見シーズンより少し遅れて満開になります。

パン飲みに使った食材は、ザ・ピンク!の食材。 

ビーツです。缶詰で見かけることが多いですが、これは愛知県高浜市産のビーツ。スライスすると、渦巻き模様もあって可愛い。

ビーツは硬いので、柔らかくなるまで煮て、フードプロセッサーでペースト状にします。それとクリームチーズ、レモン汁、お砂糖を合わせたら、ピンクのディップが完成。 

薄くスライスして、さっと茹でたビーツ、お砂糖、お塩、オリーブオイルでマリネすればピクルス的な感じになるので、サラダに散らしても映えますよ。 今回は食感のアクセント的に添えました。

そして塩味をプラスするのに、ピンクの生ハム。 濃いピンク×淡いピンクで私の目指していた色合いが完成!

最後はワイン。その名も「SAKURA」

オーストリアのワインで、品種はツヴァイゲルト。赤い果実やベリーの香りでフレッシュ感満載。そしてこのワインは、醸造過程で一切動物由来の物を使用せず、ヴィーガン認証のも取っているそうです。

ロゼとビーツだと、ビーツの根菜感が強い?となりそうですが、色よりもクリームチーズ感があるので、ロゼワインでも相性はOK。

パンは、鶴舞にあるシベリアさんのカンパーニュを使用。この日はお店が忙しく、パンだけ購入。今度は食パンを頂きたいので、その際にお話伺いたいな、と思ってます。とっても美味しかったパン屋さんなので、またお店をご紹介します。

Recommend Blog

人気の記事