最近のお気に入り。

こんにちは。タブリエの松田です。

最近はまだまだ暑かったり、急に寒くなったり、寒暖差が激しいですが、こうして季節が変わっていくのを感じます。

そして、やっぱり秋といえば食!美味しい味覚をたくさん見かけますね。

今回は最近私が秋の味覚を調理し気に入ったものをご紹介したいとおもいます。

いちじくの赤ワイン煮

こちらは、昔から母が作ってくれたものです。以前まではいちじくを自分で扱うのはなんとなく抵抗が。しかも赤ワインで煮る?!なんて。それが、ここ数年は自分でやってみようという気になり実際作ってみると...なにも難しくなくて、最近は自分でも母が作ってくれたこの赤ワイン煮を作るようになりました。毎年、いちじくの時期が待ち遠しいです。こちらは、ヨーグルトと食べたり、写真はマスカルポーネを添えています。

バターナッツかぼちゃのプリン&モンブラン

見た目が可愛らしいバターナッツかぼちゃのプリンとモンブランをつくりました。せっかくのひょうたん型は姿がわかるように。ねっとりとコクのあるバターナッツの特徴を活かしてスイーツにしてみました。モンブランは、かぼちゃの中身をくり抜いて、そこにジェノワーズ生地を流してそのまま焼いてみました。どうなるかな?と思いましたがお家なので実験のように楽しみました。

 

しいたけのキッシュ

こちらは1番のお気に入りでしいたけのキッシュ。写真は、食べる時にリベイクしたら少しこげてしまったのですが...

知り合いの若い料理人の方で、ご親戚が長崎でしいたけの栽培をされているとのこと、風味が豊かで肉厚なのが特徴である原木しいたけをいただきました。

せっかくなのでこの良いしいたけの素材を活かしたくて、何かいい料理はないかな?と考えた結果がキッシュでした。

今回はしいたけを楽しむため、2つのポイントを抑えて。①熱を加えすぎない。②薄くスライスしない。

しいたけはあまり熱を加えすぎると風味が消えてしまうようで、事前に他の具と炒めるのはやめました。そして、スライスではなく傘の部分は4つ切り。せっかくの肉厚を楽しむためです。軸は割いて入れました。

オーブンで焼いている時にしいたけのうま味がアパレイユに溶け込んで、キッシュ全体でしいたけを堪能できる1品になりました。焼いている間はしいたけとバターの香りが充満して、焼いた後、冷めても風味は持続でずっと幸せな気持ちでした。

しいたけを頂いた方にもキッシュをお裾分けし、とても喜んでいただきました。

この秋1番のお気に入りであるしいたけのキッシュ、ぜひみなさんにも作っていただきたいです!

Recommend Blog

人気の記事